So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

孤独死防止に僧侶、東京・戸山団地が電話相談を強化(医療介護CBニュース)

 NPO法人「人と人をつなぐ会」はこのほど、東京都新宿区の戸山団地で行っている電話相談サービスを強化した。サービスを利用する一人暮らしの高齢者や障害者の中で、自殺などにより孤独死する恐れのある人の相談を僧侶が引き受ける。

 戸山団地は高齢化率が高く、孤独死が発生しやすいことから、24時間体制で電話相談サービスを提供している。しかし、サービスを利用していても、自殺したり、独居で近所付き合いがなく孤独死したりしそうな人は多く、深刻なケースには、より専門的な相談に応じられる体制づくりが必要と判断した。

 同会と提携する専修寺関東別院(大田区)の5人の僧侶が電話相談に応じる。電話相談サービスの利用者の相談内容について、オペレーターが「危険」と判断した場合、一度電話を切って僧侶に連絡し、のちほど僧侶が利用者に直接電話をかける仕組み。

 同会によると、「孤独死の3割は若年層」で、僧侶が対応する電話は高齢者だけでなく、うつ病などに悩む若年層なども多いという。今後は別の寺院とも提携して僧侶の電話相談を強化するほか、専門医による電話相談を開始することなども視野に入れている。


【関連記事】
孤独死対策の予算新設で秋に協議会設立―神奈川県
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市
「老老介護」5324人、「孤立」2734人―東京都世田谷区が高齢者の実態調査
「自作短歌を掲載」で独居高齢者の被害急増

古市百舌鳥古墳群、世界遺産暫定リスト入り 倭の五王が眠る巨大古墳群(産経新聞)
インフル定点、やや増加(医療介護CBニュース)
「小沢神話」の呪縛を解け(産経新聞)
あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
放火未遂裁判員裁判 国民目線の判決文 評議の経過詳述(産経新聞)

4日に代表選と組閣 菅副総理が先行 海江田氏擁立論も浮上(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日、民主党の緊急両院議員総会で「政治とカネ」の問題や米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設をめぐる混乱の責任をとり、退陣を表明した。同じく「政治とカネ」の問題を抱える小沢一郎幹事長にも辞任を要請し了承されたことも明らかにした。次期首相となる新代表は4日の党両院議員総会で選出される。後継代表レースで、最有力候補と目される菅直人副総理・財務相は2日、鳩山首相に代表選への立候補を伝えるとともに、党内の支持基盤を固め先行している。

 民主党の山岡賢次国対委員長は2日夜、4日に衆参両院での首相指名選挙と組閣、7日に新首相の所信表明演説を行う方針を示した。ただ、宮中日程の関係上、首相指名以降の日程を8日以降とする案もある。16日までの国会会期は延長せず、参院選は「24日公示、7月11日投開票」の日程で実施される見通し。

 鳩山内閣は昨年9月の発足後、わずか8カ月半での退陣となった。鳩山首相は2日夕、記者団に次期衆院選不出馬を明言した。

 出馬を決めた菅氏は首相との会談後、記者団に「国民が民主党政権に期待したことをしっかりと引き継ぐ」と決意を語った。

 菅氏は2日夜、小沢氏と距離を置く前原誠司国土交通相や枝野幸男行政刷新相、野田佳彦財務副大臣らと相次いで会談し「応援してほしい」と要請した。

 前原、野田両氏は「菅さんは小沢さんに弱いとみられている」と述べ、小沢氏の影響力排除を求め、態度を保留。前原氏は2日夜、記者団に「あと1日考える」と語ったが、前原、野田両グループとも菅氏支持を固めつつある。枝野氏、渡部恒三元衆院副議長も同夜、菅氏支持を表明。民主党幹部は2日夜、「横路孝弘衆院議長グループや岡田克也外相も菅氏支持だ」と語った。

 ただ、菅氏は2日、小沢氏、輿石東参院議員会長に面会を求めたが実現しなかった。菅グループは都内のホテルに事実上の選対本部を設置、3日に菅氏が出馬会見する。

 一方、三井弁雄国対委員長代理、松本剛明衆院議運委員長ら約30人が同夜会合し、「菅氏ではだめだ」として対立候補を立てる意見が出た。海江田万里選対委員長や樽床伸二衆院環境委員長の名前が出た。

 党内では、後任幹事長には海江田氏、岡田氏、原口一博総務相、細野豪志副幹事長、玄葉光一郎衆院財務金融委員長らが取りざたされている。

 また、参院民主党幹部が菅グループ幹部に「菅体制」の人事構想を打診していたことが分かった。5月31日夜に輿石氏や高嶋良充参院幹事長、平田健二参院国対委員長らが開いた会合の席上、参院幹部のひとりが菅グループ幹部に「首相が辞めたら後任は菅さんで決まりだ。輿石さんが幹事長で、選挙(の責任者)は小沢さんにやってもらう…」と語った。菅グループ幹部は即答を避けた。

【関連記事】
小沢軍団 変わらぬ本質 「数は力」
「国民が聞く耳持たなくなった」 最後まで“宇宙人”
参院選へ窮余の一策 劣勢挽回の効果はあるのか
カネ問題 真相は闇のまま 献金・土地・北教組…
日本の「羅針盤」迷走懸念 財政再建に影響必至
「はやぶさ」帰還へ

普天間訓練移転、麻生知事「まず大阪に条件を」(読売新聞)
参院選民主予定者「逆風は覚悟している」(読売新聞)
【菅登板】青臭い理想論貫いて(産経新聞)
鳩山首相 党内から早期退陣論 小沢氏と進退協議へ(毎日新聞)
社民が候補擁立模索、民主に動揺…北海道選挙区(読売新聞)

<南アW杯>巨大漫画でエール 日本代表26日未明出発(毎日新聞)

 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を前に、日本代表の優勝を描いた巨大漫画が完成。13コマが25日、東京都大田区の城南島海浜公園に並んだ。

 選手の活躍が描かれた布は1枚約350平方メートル。各選手ゆかりの地でファンが色をつけ、メッセージを書き込んだ。主催したアディダスジャパン広報事務局によると、25日、世界最大の漫画としてギネスブックに認定されたという。

 優勝メンバー23人が並ぶ最後のコマは、24日に日韓戦が行われた埼玉スタジアムで完成した。完敗で本大会への不安を残したが、広報事務局担当者は「革命を起こしてほしい」とエールを送った。

 日本代表は26日未明、事前合宿地スイスに出発する。漫画は機上の選手から見えるようライトアップされる。【喜浦遊】

【関連ニュース】
南アW杯:日本は1次突破する…43%が予想 ネット調査
南アW杯:ニッポン七転び八起き!?…青色の応援ダルマ
南アW杯:「デンマークとオランダ選手が標的」テロ容疑者
イラク:南アW杯テロ計画容疑でアルカイダ系メンバー逮捕
サッカー:岡田監督が進退伺 韓国に日本零封負けで

こち亀 曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?(毎日新聞)
与野党、衆院比例単独候補も解禁の対象に 参院選からネット選挙解禁(産経新聞)
<普天間移設>キャンプ・シュワブの代替施設、自衛隊も共用(毎日新聞)
子ども時代の体験重要=やる気、生きがいと関連―青少年機構(時事通信)
主力級の種牛5頭陰性…4回目検査(読売新聞)

ニセ死亡診断書で日本生命から保険料3600万円詐取 容疑の元夫婦ら逮捕(産経新聞)

 大手生命保険会社「日本生命」(大阪市中央区)から保険金約5400万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は10日、詐欺の疑いで、元朝日新聞販売店店員、西村豊(55)=川崎市多摩区西生田、派遣社員の蒲池(かまち)優美子(58)=さいたま市大宮区天沼町=ら3人を逮捕した。同課によると西村、蒲池両容疑者は元夫婦で、蒲池容疑者以外は容疑を認めているという。

 同課は、西村容疑者らが同様の手口で他の生命保険会社からも約3600万円を詐取したとみて調べている。

 逮捕容疑は、西村容疑者が心筋梗塞(こうそく)で死亡したとするうその診断書や戸籍抄本などを日本生命に提出し、平成15年12月上旬ごろ、保険料約5400万円を口座に振り込ませ、詐取したとしている。

 死亡診断書などは西村容疑者らが偽造したとみられる。詐取した金は西村容疑者が勤務していた法律事務所への借金返済などに充てていた。

 蒲池容疑者は日本生命の契約担当として勤務していた時期があったという。

普天間問題 首相責任論に予防線 参院選ダメージ回避へ…民主結束フォロー(産経新聞)
連休中の交通事故死111人=65歳以上が半数超−警察庁(時事通信)
東京都心で震度3(時事通信)
首相動静(5月7日)(時事通信)
<普天間移設>政府案、詰めの協議 10日に閣僚会議(毎日新聞)

邦人1人が軽傷=タイ爆発事件(時事通信)

全国の検察庁会見を開放=記者クラブ外にも−最高検(時事通信)

 最高検は22日、全国の地検と高検に対し、記者クラブに加盟していない記者が、各庁の会見に参加することを認めるよう通知を出した。今後、各庁ごとに具体的な参加方法などを決める。
 最高検によると、各庁の実情に合わせて開かれる定例会見と、社会的関心の高い重大事件の容疑者逮捕や起訴などの臨時会見を、開放の対象として想定。会見は主に次席検事が対応する。冤罪(えんざい)事件の検証結果の公表など、最高検の会見も対象とする。
 参加対象者については、日本雑誌協会、日本インターネット報道協会などの会員社の記者のほか、一定の活動実績のあるフリー記者や外国記者を対象とする案を提示。各庁のホームページを通じて事前登録を行うことも検討している。 

【関連ニュース】
「大きな一歩、きちんと審理を」=決定に笑顔
誤った先入観で取り調べ=DNA鑑定過信、自白迫る
長官銃撃、「一種の冤罪」=警視庁を批判
再審無罪で支援者集会=冤罪被害者も参加
「謝罪あり納得、感無量」=笑顔で会見

<山崎飛行士>優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)
明石歩道橋事故、過失受け入れぬまま元副署長 強制起訴(産経新聞)
<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)
<火山噴火>日航、全日空が欧州便再開 旅行客らで成田混雑(毎日新聞)
竹林の男性遺体、事件とみて捜査=死後2〜3年、40歳前後か−神奈川県警(時事通信)

アイスランド噴火で成田発着22便が欠航(産経新聞)

 アイスランドで火山が噴火し火山灰が欧州北部の上空を覆っている影響で、成田空港でもヨーロッパ発着便計22便が欠航するなどの影響が出ている。

 全日空では、成田発パリ、フランクフルト、ロンドン行きとその折り返し便の計6便の欠航を決め、1600人に影響が出ている。また、日本航空では、これらの路線とその折り返し便6便に加え、成田発アムステルダム行きとその折り返し便、成田発ミラノ行きの計9便の欠航を決め、2300人に影響が出ている。

 国土交通省成田空港事務所によると、海外の航空会社の成田発着便でも、KLMオランダ航空など4社がアムステルダム発成田行きやその折り返し便など計7便の欠航を決めた。

【関連記事】
火山噴火で欧州の空が大混乱 各国で空港閉鎖相次ぐ
地熱発電を世界展開へ 三菱重工とアイスランド電力最大手が連携
アイスランドで火山噴火 450人避難
反対票93・2%で確定 アイスランド 英蘭預金保護の国民投票
欧州株反発 企業業績回復期待から
外国人地方参政権問題に一石

混合診療解禁などで意見交換−民主党国民生活研究会総会(医療介護CBニュース)
四神と十二支壁画完成 奈良・平城宮跡大極殿(産経新聞)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
<中国地震>氷点下の被災地 広がる喪失感 「孫はもう…」(毎日新聞)
人間健康学部の新キャンパス、開校式 関西大(産経新聞)

千円高速で資金難…山梨「ミス宝石」開催見送り(読売新聞)

 山梨県内のミスコンテストの草分けとされ、信玄公祭りに合わせて開かれてきた「ミス宝石コンテスト」が今年は見送られることになった。

 主催する県ジュエリー協会は来年の開催を目指し、2年ごとにペースダウンして続けたい考えだが、資金のめどは立たず、中止の可能性も出てきた。資金難が原因だが、意外にも高速道路の休日の「上限1000円」が影響したという。

 協会によると、2009年3月から全国の高速道路で始まった「土日・祝日の地方は上限1000円」の大幅値下げが、資金難の要因だ。

 宝飾業者143社が加盟する協会は、高速道路の「大口・多頻度割引制度」を利用している。トラックなどの1か月の利用額が協会加盟社全体で500万円を超え、1台あたりの平均利用額が3万円を超えると10%割り引くなどの優遇制度だ。協会はこの割引分を積み立て、コンテストの経費に充ててきた。

 しかし、「上限1000円」への値下げで、1か月の利用額が協会全体で500万円、1台あたりで3万円に届かなくなり、十分な積み立てができなくなったという。政府は「上限1000円」を廃止して新たな上限料金制度を設ける方針で、協会は割引分の積み立てが大幅には増えないとみている。

 来年のコンテストの開催は未定だが、協会は開く方向で検討し、2年ごとにペースを落として続けたい考えだ。昨年はミス宝石グランプリに輝いた1人にダイヤモンドを使った100万円相当のジュエリーを、グランプリに次ぐミス宝石になった2人にも50万円相当のジュエリーを賞品に贈ったが、賞品の経費削減を検討する。ただ、経費の不足分をどうやって補うかは決まっていない。

 協会によると、コンテストの創設にかかわった宝飾業者からは「時代の流れなら(中止も)やむを得ないのではないか」との声も出ており、中止する可能性もあるという。

 協会の菊島輝雄理事長は「コンテストは県内の若い女性にとってあこがれの場だし、ミス宝石は宝飾業の振興に貢献してくれたので続けたい。ただ、不景気で業績が厳しい業者に多額の会費値上げは要請できない。来年は白紙だ」と話す。

 コンテストは1985年、地場産業の宝飾業を発展させる目的で始まった。県内に住む18歳以上の未婚女性を対象にほぼ毎年開き、昨年で22回を数えた。2005年からは4月の信玄公祭りと大宝飾展に合わせて、甲府市のアイメッセ山梨で開催してきた。

 ミス宝石は1年間、ジュエリー大使となり、「ア・マン・オブ・ジュエリー賞」の表彰式で記念品を贈ったり、宝くじのキャンペーンでティッシュを配ったり、イベントで活動する。昨年のミス宝石は大使の任期を1年延長し、2年間にした。ミス宝石にはテレビ山梨(UTY)キャスターの小田切いくみさんも輝き、大使を務めた。(豊田千秋)

<耐震偽装>大阪の建築士手がけた119物件調査 国交省(毎日新聞)
西部ガス狙う?福岡の雑居ビルに銃弾跡(読売新聞)
スペースシャトル 山崎直子飛行士、日本時間5日夜宇宙へ(毎日新聞)
雑記帳 愛称は「米子鬼太郎空港」(毎日新聞)
「与謝野新党」来週にも 邦夫・平沼氏、合流へ(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。